第1回「https SSL化に伴うエラー対策」さくらサーバー

こんにちは。今日はSSL化について触れていきます。

 

長ったらしく説明するとあれなので、簡単に説明します。

SSL化は、URLの「http://」が「https://」に代わることです。

これをやっておかないと、Google検索をしても、表示されなくなります。(数年後)

あと、セキュリティ面で「https」の方が安全です。

 

 

私は、レンタルサーバーの「サクラサーバー」を使っていて、そのサーバーにアップしているのですが、先日、無料でSSL化ができると知って、さっそく試してみました。

超簡単! さくらのレンタルサーバ で無料SSL証明書

簡単にできたのはいいのですが、実際に試したところ、2点問題がありました。

  1. cssファイルやjQueryファイルが読み込めなくなっていた。
  2. トップページから違うページへ推移すると、「https」から「http」に戻ってしまう

これが結構、考えたので、この記事に残すことにしました。

 


 

cssファイルやjQueryファイルが読み込めなくなっていた。

 

これはjQueryファイルの読み込み先を「http」から始まることでした。

実際のソース。

<!-- jquery ファイル読み込み宣言 -->
<script src="http://code.jquery.com/jquery-2.0.0.js"></script>

問題解決後

<!-- jquery ファイル読み込み宣言 -->
<script src="https://code.jquery.com/jquery-2.0.0.js"></script>

「s」を追加するだけですね。

参考にしたページ

“https” だと jQuery が動かない時には

 

ちなみに、オフラインで既にダウンロードしたjQueryファイルを読み込むには、私はオススメできません。

というのも、jQueryの機能の一つに、「.lord()関数」があるのですが、なぜかダウンロードしたファイルだと、エラーになり使えませんでした。

 

個人個人で使いたい関数があると思います。

バックアップを取って、変更→テストをして、自分に合ったやり方を模索してみてください。

 

 


 

トップページから違うページへ推移すると、「http」に戻ってしまう

 

この現象は、違うフォルダの中のファイルへ、リンクを貼っている時に発生しました。

解決策:リンクのURLは、フォルダの場合、最後に必ず「/」を付けることで解決しました。

実際のソース。

<a href= "./seconde">次のページへ</a>

解決済みのソース

<a href= "./seconde/">次のページへ</a>

 

2018年1月時点で、ファイル名を指定して、移動するというのは、あまり使われていません。

フォルダ名を「seconde」やページの名前を付けて、その中に「index.php」を作れば、「https:ドメイン/seconde/」で表示されるからです。

「index.php」というファイル名が、URLに表示されると、「PHPプログラムで使っているんだ」や悪意のあるユーザーに解りやすくなってしまいます。

「Twitter」や「Google」や「Yahoo」など、大手のサイトは、全てこの手法を使っています。

 

 

 


今回は以上です。お疲れさまでした。

,,,,

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です